色打掛での結婚式で印象的に

一生に一度のせっかくの自分の結婚式なので、自分らしくて納得のいく結婚式にしたいと思うのは当然だと思うので、白無垢ではなく、赤の色打掛にしようと考えていますが、母は「結婚式と言えば白無垢が定番じゃない」と言うのです。確かに花嫁と言えば白無垢に角隠しが定番なのですが、私は逆に定番ではなく自分らしくてインパクトのある衣装にしたいのです。

結婚式に来てくれるお客さんたちも当然ながらの白い衣装を期待していると思うので、その逆をついた派手な色を着ることで、私の結婚式の思い出が記憶にも鮮明に残るかとも思いますし、赤はお祝いの色ですし、昔はお姫様は赤い着物を好まれて着ているようですから、赤でも問題はないと思います。




しかも今の婚礼衣装は、色打掛の種類が豊富なので赤以外にも黒や緑、ピンクや紫、珍しい青などもありますし、なによりも自分の結婚式なので自分で決めたいのです。

エンフォルド関連のノウハウを解説します。

後から、写真や映像を見たときに、やっぱり自分で決めた色にしておけば良かった。


russetの正しい情報を手に入れましょう。

なんてずっと後悔するのもいやですから。

ベリーダンスの通販選びであなたの手助けをします。

でも、母の気持ちもわかるので、結婚の前撮り写真だけでは白無垢を着て写真に残しておけば、母の希望も叶えることができますし、後からみんなに見てもらうこともできるので、1枚だけ白無垢で撮ることにして、当日は、私の希望通り色打掛でみんなを驚かせてあげたいと思っています。


デイジークレアに関する疑問が解決できます。

やっぱり後悔はしたくないので、納得がいくように自分で選ぶことが大切ですね。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11138915391
http://matome.naver.jp/odai/2140830790187794501
http://kumanofude-selectshop.com/